第22回 ちいさなたび→ピリカにご参加の皆さまから

  • 2018.05.29 Tuesday
  • 11:28

 

 

とても寒くなると言われていた週末ですが、
そこまで冷え込まず、気持ちよく参加できました
今回は、通いの方も含めて4組と大所帯で、にぎやかなちいたびでした。

福岡生まれのわたしにとって、日が短くなり寒くなる冬の初めは
とても気が沈み、からだも重く感じます。
こどもにも夜の温泉は行けないかもしれないけど良いよねと
話してから参加しました。
実際に参加し、操先生のヨガを受け、おいしいごはんを皆さんと食べると
不思議と夜の温泉に行く元気が出ていました。
すごいな〜と思いました。
前回のヨガの流れからメガネを新調したのですが、
操先生にも顔が柔らかくなったと言って頂き、そっかと思ったところです。
自分の事をちゃんと見ていてくれる人がいて、
声をかけてくれるって、本当に嬉しいですね
今回メガネを新調してもあまり気付いてくれる人がいなかったのですが、
ちいたびのスタッフさんには、声をかけて頂けて、
そんな声かけがあるのが、ちいたびの素敵なところですね。
こどもにもあなたのことを気に留めてるよって言う
メッセージを伝えることが大事だなと思いました。

9歳の子も、宿題やお手伝いもなく、スタッフさんやお友達と遊んで、
おいしいごはんを食べ、ゆっくり休むちいたびは、
ふだんのいろんなものが、ぬけていくようです。
こどもは、自分の事だけやってる様に見えても、
こどもなりに大変だったりして、それをこの時間で癒せてるんだなと思いました。

回を重ねるごとに凝り固まっていたわたしの頭もだいぶぬけてきたようです。
ヨガも、覚えて帰ろうという思いが強かったのですが、
今回は、いつもよりすんなりとはいってきた気がします。
薄皮をはぐ様にですが、ためてしまったものを手放して、
軽く背骨ですっと立てる女性でありたいです

では、3人で楽しみにしていたちいだび、
今回も本当にお世話になりました。ありがとうございました。

 

Yさま

 

 


ずっとちいたび行きたいと言ってた子ども達の願いが叶い、
参加させて頂き、ありがとうございました。

母がヨガを楽しんでる間は、スタッフさん達と外遊びや作り物がたくさんできて、
子ども達もとっても喜んでました。
いつも美味しいごはん、吟味された食材を使われてるんで、
安心してたくさんいただいてしまいました。
また参加できるチャンスがありましたら、
ぜひ参加させて頂きたいと思います。
お世話になりました。ありがとうございました。

 

匿名希望

 

 

 

ちいさなたびJapanに参加させていただき、ありがとうございました。
久々の再会でしたが、スタッフの皆様の、元気で頑張っている姿を見て、
ホッとしたのと、元気をいただけました。
みさお先生のヨガ、とても楽しみにしていました。
忘れていた事も沢山あり、学びも沢山ありました。

やはり、体を整えるのは大切ですね。

私たちが癒されている間、スタッフの方には、
子どもと遊んでいただいて、感謝です。
優しい時間を親子共々過ごさせていただきました。

そして、ずっとモヤモヤしていた気持ちもリフレッシュできましたし、
体も軽くなりました。ありがとうございました。

極めつけの温泉に、夜はアロマをぬっていただき、
夜はぐっすり爆睡できました。

また、安心安全で美味しい食事も楽しみにしていました。
とても美味しかったです。
体の隅々までデトックス出来ました。
子どもの好き嫌いの悩みも、まずは間食と糖の見直しを、
とのアドバイスをいただき、実践していきたいと思いました。

放射能問題から目が覚めて、色々な事が見えるようになりました。
今の時代の子育ては、避けるのが難しい程のリスクがありますね。
化学物質、電磁波、砂糖に抗生物質、予防接種に、環境汚染。エトセトラ。

気を引き締めないと流されて、マスコミに誘導されるがまま、
知らないうちに、おつけものみたいに、骨の随まで染みわたっちゃいます。
いずれ何とも感じなくなっちゃいそうで、怖いですね。

この時代に、どのように子どもを守り育てるか、
ちいたびでは、教えてくれてる気がします。

姿勢は美しく、食べ物は手が込んでいて、一つひとつが丁寧。
感謝の溢れる、ゆったりとした時間が流れる。
子供は、いつでも親の気配を感じながらも、自由に遊べる。
少し足をのばせば、公園があって、外遊びが出来る。
母親は体がほぐれて、顔も優しい。

部屋に添えられている本や建物から感じられるパワーやオーラ。

その一つひとつが優しなぁ、と感じました。この雰囲気の中で、
子どもは安心して成長出来るんだなぁと感じました。

世間がどうであれ、環境が放射能等で、たとえ望み通りではなくても、
子どもたちの安全基地は作ってあげられるし、
体から毒を排毒も出来るんだなぁ、と思いました。

そして、心が自由であれば、何処にでもいつでも行けるんだなと思いました。

 

 


最近では、福島の保養仲間のお母さんが、体を壊したり、鬱ぎみになったり、
疲労感や自信を失ったりしている方が多いように感じました。
そして、セミナー等で学んだりしている方も見受けられます。

きっと、震災から走り続けて頑張ってきて、ここにきて、
どうやって子どもを育てていくか、自分の人生も苦難から成長する時だったりして、、
しばし立ち止まってじっくり向き合っているのかもしれません。

朝方の闇が深いように、今、この暗闇から、
ちいたびが一筋の光の道しるべになっていると思います。

ただここで優しく照らしてくれている。
参加しても参加出来なくても、その事が希望となっています。

また一歩を踏み出せそうです。

お世話になりました。ありがとうございました。
色々足らない部分があり、お釣り等で、ご迷惑かけてしまいました。ごめんなさい。

また、会う日まで。

 

Tさま

 

 

 

先日は本当にありがとうございました。
スタッフの皆さんのサポートがとにかく素晴らしく、
2人の子連れでの(特に下の子は活発に動き回る中での)参加でしたが、
子ども達は伸び伸びと過ごすことができましたし、
私自身もヨガにしっかり参加して自分の体と向き合える時間を持つ事ができました。
操さんのヨガに参加するのは久しぶりでしたが、
ヨガをするそばから視界が広くなったり、頭や体がすっきりしていくのを実感。
子育てで忙しい毎日で忘れがちになっていましたが、
何を口にするのかと同じくらい、体を整え、排出力を高めることも重要なのだと
再認識するよい機会になりました。

日帰り参加だったこともあり、ヨガの時間以外はバタバタとして、
他の参加者の方やスタッフの方とあまりコミュニケーションを取れなかったことがやや心残りです。
震災から時間が経ち、友人との会話でも、放射能汚染について
情報交換する機会はぐっと減りました。
以前よりは色々なデータが蓄積されて
気をつける点を絞り込むことができるようになったと感じる一方で、
まだまだ見えていないことがあるのに
子ども達にこの生活を続けさせていいのかと迷ったり、
子育てに追われて知るべき情報を逃しているんじゃないかと不安になることも。
少しでもよいので、情報交換の機会があればなおありがたかったです。
最後になりましたが、こうした機会を作り、
また続けてくださっているスタッフの方々、
またそれを支えてくださっている方々に感謝いたします。
ありがとうございました。

 

Nさま

 

スポンサーサイト

  • 2018.05.29 Tuesday
  • 11:28
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM